青い花の布団で寝る

HP70(平均値)

感動と衝動買いについて

ある本で(あとでちゃんと書く)

感動とは事後的なものではなく、

胸がドキドキしたり鳥肌が立つなどその場で起こる身体的なものであると読んだ。

 

これを買い物に当てはめて考えてみたい。

衝動買いという言葉がある。

よく、可愛い服を見つけて目がキラキラとしたことが自分でもわかったりすることがある。(=上記の感動の定義と同じ)

でも、これは私だけではないと思うが

衝動買いは失敗することが多い。後になって、

あれ…なんかさっき感じたあの気持ちは…?

と首をかしげる羽目になるのである。

これはその対象=感動の実体

を手にしたことで初見で感じた新鮮さや発掘したことに対する感動が薄れてしまうからだろう。

 

それに対し、映画や美術作品は

意識しなければ2回接触することがないため、身体的な反応が良いイメージのまま残り、衝動買いのような残念さがない。

 

それでも、これを買うと決めて

リストアップしたものを買っても満足度は低い気がする。買い物は狩り要素があるのかな。