青い花の布団で寝る

HP70(平均値)

高校を卒業して②

なんで楽しくなかったかはもうハッキリと分かっているのだ。

主観と客観で捉え方がかなり変わる問題だとは思うし考えるだけで泣きそうになってくるが

 

簡単に言えば学校のほぼ全員と気まずい関係をずっと継続していた

学校中の人と仲良くなるわけではないしこういうものなのかと考えたけど

高2までの人間関係と比べ明らかに悪化していた。

心当たりはない。文化祭に非協力的であったりまずいことをしなかったわけではないが理由のわからないあまりにも辛い日々だった

1日誰とも話さない日もあった

辛かった

ここに書いて気づいたが私は辛かったのだ

確かに、私は他の人よりも精神年齢が高い自信はあったし賢いという自信もあった

でもこんなことを考えていたのは結局は自分を慰めるものでしかなかったのかもしれない