青い花の布団で寝てる

つかいこなせてません

土居社④

私は小学生のとき、市が企画するボランティア教室に通った。そこでは視覚障害者と手を繋ぎ町を歩いたり、聴覚障害者と手話で会話するなどボランティアをする側が受ける側のことについて学び、支えるという構図のものであった。だが実際に参加してみると、視覚障害者のほとんどは補助がなくても歩けるし、聴覚障害者の方は私たちに楽しく手話を教えてくれた。「役に立たなくては」と気が張っていた私は意外に感じ、ボランティアとは本当に必要なのかとも考えさせられた。私たちは、障害者は支援が必要な人たちであるとひとまとめにして考えてしまいがちだが、まずは純粋に目の前の相手がそれを必要としているか考えることが大切だろう。

 

近頃では就活に役立つだとか世間の受けがいいからといってボランティアに携わる人がいることを耳にする。それはボランティア拒否宣言で描写されていたようにボランティア活動というものを利用しているように感じる。だが、正直、本当の純粋な人助けをしたいという気持ちでボランティアに携わる人はそこまで多くはいないと思う。ボランティアをすることによって自分が生きているという価値を感じたいという人もいるだろう。ボランティアを受ける者は弱い、ボランティアする者は強いという固定観念なしにボランティアが認識されることが理想であると感じる。