青い花の布団で寝てる

つかいこなせてません

国文学専攻を志望する以上、作家は何故「書く」という行為をするのかを考えなければならないと感じ、J-P・サルトルの「文学とは何か」を読んだ。文学論というよりも哲学書に近い難しい内容であり、本来の意味が理解できたかは自信がないが、今の時点でこの本を読むことができたことは財産になったように思う。
本文の「何故書くか」について書かれた章について述べていきたい。月や星などの景色を我々は知覚することによって存在させることができる。つまり、我々は《発見》することができる。しかし、それは同時に我々がそれらの製作者でないことを意味する。これを芸術的創造に当てはめて考えたい。サルトルによると、芸術創造の主な動機の一つは、世界にとって我々自身が欠くことのできないものであると感じたいという欲求である。このことはどのようにして可能になるのか。
我々は、なにかを製作する立場である以上、「終わり」というものがない。自分の製作活動を意識すればするほど、純粋な意味での《発見》は不可能となり、過程を知りすぎているゆえ、その作品を自分の規制の中からでしか判断ができないのである。具体的に「書く」という行為に当てはめて考えると、作家は自作で主人公になにが起こるのか知らなくとも、単にまだそなことを考えていないというだけで、空白のページという未来は、自分自身の意志であり計画であるため、客観的に見ることは到底できないのである。この時点では創造とは製作の不完全で抽象的な一つの契機で、他人のための芸術にしかなり得ないだろう。では、どのように作者は欲求を満たすことができるのか。そこで、読者の存在が不可欠なのだとサルトルは逆説的に述べる。読者が本を開いて作者を認めるという行為を介して、初めて自分が存在することを《発見》できるようになるのだ。
最後になったが、私は国文学専攻に進学したら、太宰治三島由紀夫を研究していきたいと思う。また、近ごろは邦画にも関心があるので、この専攻の自由な空気感の下、さまざまな分野について貪欲に学んでいきたいと考えている。

 犯罪被害者は、例えば交通事故においては実際に巻き込まれた被害者とまた被害者の遺族も含む。犯罪被害者を研究する目的としては、犯罪に巻き込まれないため、犯罪をなくすため、被害者の救済や回復の支援をより効果的に行うため、修復的司法に役立てるためなどが挙げられる。修復的司法とは、犯罪に直接関係のある被害者・加害者・地域などの話し合いにより、干潟・加害者の関係を修復することによって司法の実現を志向する活動のことである。決して、被害者の落ち度を探して状況を改善しようとすることは目的としていない。犯罪被害者は、死や深刻な負傷、身体的保全が害されたことによってトラウマ(心的外傷)を負うことがある。生物学的反応としては、ホルモンや自律神経のバランスに異常が起こったり、海馬の萎縮が起こる。また、極度の恐怖や無力感、絶望といった症状が現れる。トラウマを原因とする精神症候群のことをPTSDという。阪神淡路大震災地下鉄サリン事件を契機として、元は医学的な専門用語だったものが一般にも広く知られるようになった。基本症状としては、まず再体験が挙げられる。具体的には、体験が繰り返されるように感じたり、フラッシュバックが起こることを言う。また過覚醒というものがあり、睡眠障害や集中困難などが起こる。PTSDと診断されるには、それらの症状が認められるだけでなく、再体験があること、死の否認や人生のあらゆる事柄(仕事や家事、趣味など)に無関心になる「回避・麻痺」という症状があること、過覚醒があること、それらが一ヶ月以上持続しているという基準が設けられていて、それが診断の条件となっている。PTSDは一年以内に自然回復する場合も多いが、20%〜40%は長期間持続し、また自殺のリスクも高くQOLは低下してしまうという例がある。治療法としては、大きく二つが挙げられる。一つ目は、認知行動療法である。トラウマを語らせるなど回避している状況に直面させあえて暴露を行う。例えば銀行強盗の被害者を銀行に行かせ、何も起こらないことを体験させる恐怖条件付けの再学習もこの療法にカテゴライズされる。二つ目は、EMDRと呼ばれる方法である。トラウマ経験を想起しながら眼球運動を行うことを指すが、必要性とメカニズムはわかっていない。

 私は、PTSDとして診断されない激しい悲しみや精神的苦痛、虚無感などは精神医学的にはどのような言葉で表現されるのか、また治療法はPTSDと異なるのか疑問を感じた。PTSDと診断されるには「外傷的な体験に暴露されたことがある」という前提条件が欠かせないのだが、予期せぬ死は該当するにも関わらず、重篤な病気による死亡など十分に死別することが予期された場合の死別体験はこの条件から外れPTSDと認められないことが多いという。文献を参照すると、このような基準から外れたものを表す言葉として病的悲嘆反応という概念が存在することがわかった。ヒステリー症状や睡眠障害、幻覚症状など症候学的観点からみればPTSDと合致する。それにも関わらず、一般に知られていて、治療法も試行錯誤され、専門家からの援助の機会もあるPTSDに比べて病的悲嘆は基準(かなり形式的)から外れているというだけで専門家からの援助が乏しく、一般的に認知が低く理解されにくい、それゆえ回復への道のりは厳しいものになってしまうということは問題である。「どれくらい悲しいか」という主観的な感情を基準にやみくもにPTSDの診断の範囲を拡大することはふさわしいことではないが、基準によって抽象的にカテゴライズするだけでなく、カウンセリングやインタビューによって個別にアプローチをしその人に合った治療法を試行錯誤して症状の程度で患者に優先順位をつけることなく、平等に回復に向かっていくようするべきであると考える。

つきはじめ

6月だー

今日は2:48分に起きて、また寝て、今度は4:30くらいに起きちゃって今に至る。

美味しそうなカレーを見たりした。

今月はなんとなく面白い月になるような気がする。

節約とイタリア語と読書の月にしたい。

土居社4

課題:地方消滅の根拠として、少子高齢化や家族の減少・解体が挙げられている。それが事実でその現象を直接解決することは困難であっても、現実的に考えて地元に愛着を持つ人々や都市から地方へIターンする人のように地方の生活を求め必要としている人間側の働きかけや努力がないということはあり得ないことであろう。また、日本が全て都市になってしまったら差異化が成り立たなくなり、経済活動や文化活動が停止してしまう。これらから、私は地方が消滅することはないと考える。

感想:この授業のテーマは、「当たり前だと思われていることを疑ってみよう」ということであった。私たちは何かがなくなると聞いたり潰れたと聞くと、その対象に対して落ち度があったのではないかとネガティブな印象を持ちがちであるが、先生が今回の交通の便の話題の時におっしゃっていたようにただいらなくなっただけで他のものでやりくりできるからという単純な理由の場合もあるということにはっとさせられた。社会学を通年教えていただいたおかげで、固定観念を自覚させられたり世に蔓延している統計について立ち止まって考えられるようになった。これからも社会学的な視点を大切にしていきたい。一年間ありがとうございました。

土居社3

課題:農村移住をすることは食べ物や生活に必要なものを自分で作ったり、近隣の人と深いコミュニケーションをとれたりと、大都市に住んでいたらできない経験ができると共に、生きる上で自己責任がより大きい印象があります。例えば、都市圏に住んでいたら家に食料がなく疲れていたらコンビニや宅配に頼るという手段が気軽に取れますが、農村では近隣の人の家に行って食料をもらいに行くなど私にとっては少し面倒なアクションを起こさなければなりません。都市には都市の大変さもありますが、オフの時には徹底的に楽をしたいタイプの私にとっては仕事以外の日常生活でも責任を伴うことは少し抵抗があるなと感じます。

感想:今回の講義を受けて、地域おこし協力隊について興味を持ったので調べてみました。募集情報のページを開くと、どこの地域で活動を希望するのか選択できるだけではなく、地域の魅力をPRする「観光」や地場産品の販売をする「農林水産・産業」などの活動内容や活動日数、報酬なども選択でき、自分の希望と一致した活動ができることはとても魅力的だと感じました。ですが、体験した人のブログなどを見ると、都市から持ってきた知恵を良かれと思って教授したら、伝統が壊れるという理由で拒まれたりするなどという事例もあり、協力隊がどこまで干渉してよいのか、何が求められているのか明確にすることは想像以上に難しいことだと感じました。

土居社②

課題:私は父と山登りに行くことがあるのだが、山の周辺は「商品化された空間」になっていると感じる。登山は日常の散歩に比べて旅行の要素があるため、登山客にはその地の名物を食べたいというニーズがある。大抵、山周辺には飲食店や小屋が並び、地元の山菜を使った蕎麦や名産品の和牛などを提供してくれる。また、登山客は日常から離れて癒しを求めていると考える。足湯や温泉が周辺に多いのはそれに適合するためだろう。その他にも山には神社がよくあり、自然の力とスピリチュアルな力が合わさって登山客は「山に来た感」を味わえる。これらから、山周辺の空間は登山客のニーズを的確に捉えながら自らを商品化しているという特徴があると考える。

 

感想:グリーンツーリズムは擬似的里帰りとも言えるという話でしたが、欧米とは異なり日本では就職すると長期休暇を取ることが容易ではないため、限られた時間の中で農山漁村地域のあるがままの姿を体験・交流することには困難が伴うと感じました。中学で稲刈り体験をしたり、トマトやナスの収穫をしたことは私の数少ない農業体験のひとつで素敵な思い出です。しかし、もしその年が凶作だったり台風が来ていたらきっとこの体験は中止になり、地元の人が自分たちの力だけで対処していたでしょう。このような、長く滞在したり実際住んでみないと体験できないこともあり、体験する側の人は美味しいところしか味わっていないという側面もあると思います。